身体に良いドッグフードを

これまでに、穀物が含まれているドッグフードと穀物が含まれていないドッグフードとの違いを述べてきましたが、それぞれの犬に合った本当に身体に良いドッグフードを与えることが一番大切なことです。

犬の健康を思って穀物入りのドッグフードを与えてしまってそれが逆効果になり、逆に犬の健康を害してしまっては意味がありません。かといって、穀物が含まれていないドッグフードを与え続けることは、穀物を摂取することにより得られる栄養も無くなることを意味します。その結果、栄養失調を引き起こしてしまう可能性もあります。

犬にとっては少量の穀物も大切な栄養です。その量は犬によって異なります。人間にも個人差があるように犬にも個人差があって当然なのです。

犬を飼っている人は誰でも犬に長生きをしてほしいと思っているはずです。愛犬を長生きさせるためには食事の面を大切にしていくことは当たり前のことです。赤ちゃんの時から老犬になるまでに必要になる栄養は変わっていきます。

その時その時、年齢や体調、特徴に合ったドッグフードを選ぶことで犬は必ず健康で長生きしてくれます。そのためにも、犬にとって本当に体にいいドッグフードを選ぶことは大切なことなのです。

ue reading »',

穀物入りと無しの違い

穀物入りのドッグフードと穀物が含まれていないドッグフードの2つですが、どちらがいいかと決めつけることは一概にはできません。なぜかというと、犬は適量の穀物を摂取することにより栄養を得ているからです。穀物が含まれていないドッグフードを摂取し続けていると、逆に穀物を摂取して得ていた分の栄養が足りなくなり、結果的に栄養失調などに陥ってしまうのです。何よりバランスよく食事をとることが一番大事なのです。

また、犬種や体質によって穀物入りと穀物が含まれていないドッグフードを使い分けるのも良いでしょう。穀物は犬の身体によいものではありませんが、少量で犬に満腹感を与えてくれるのです。ですので、食べ過ぎを防いだりしてくれるのです。穀物が含まれていないドッグフードは犬が本来必要としている栄養素をたくさん摂取することができます。

しかし、満腹感を得ることが難しく食べ過ぎてしまう可能性もあります。普段散歩をしっかりして、運動をしている犬が穀物抜が含まれていないドッグフードを摂取すると、犬の筋肉になってくれるので犬の役に立ちますが、そうでない犬が摂取すると食べ過ぎにより太ってしまう可能性があるのです。

ドッグフードを選ぶ際にはそれぞれの犬に合ったドッグフードを与えることが大切と言えます。

ue reading »',

穀物は体に良くない?

穀物も少しの量であれば、犬の身体に非常に役立つものになってくれます。しかし、体にいいからと言い、量を考えずに穀物を与えることが非常にまずい行動なのです。

犬の身体で消化しきれないほどの量の穀物を犬に与えることにより、犬は消化不良を起こしてしまいます。その結果、消化器官にだんだん異常がみられるようになり、穀物アレルギーや皮膚病、尿路結石などの重病にかかってしまう危険性が出てきてしまうのです。

通常犬の体内で多くの量を消化することのできない穀物を食べ続けることにより、犬は確実に弱っていってしまいます。弱っていくだけではなく先ほども述べた通り、様々な病気にかかってしまうのです。これらのことが同時に起きてしまった場合には、犬が亡くなってしまうような事態に陥ってしまうこともあるのです。

何回も言うように、穀物も適量を摂取させることができればそれは犬にとっても良いことなのですが、摂取しすぎることにより悪影響を及ぼしてしまいます。しかし、犬にとって必要な穀物の量はそれぞれで異なります。それぞれの犬にとっての適量を与えることが犬にとって大切なことだということができます。それを見極めるのも飼い主の使命だということができます。

ue reading »',

穀物不使用のドッグフード

最近話題となっている穀物不要のドッグフードですが、一体なぜ人気となっているのでしょうか。その人気の秘密は、犬本来の食事にあります。犬という動物は本来、肉食動物なのです。犬の消化器官はとても短く、肉を中心とした食事を消化して栄養を吸収しやすいようにできているのです。消化器官が長い牛などの動物の場合は、穀物を摂取しても十分消化できるのですが、消化器官が短い犬が穀物を摂取しても十分に栄養を吸収することができないのです。

さらに、穀物自体も普段犬が食べている肉に比べるととても栄養価が低く、さらに吸収もされにくいので栄養失調を起こしてしまう犬も少なくはありません。

穀物を使用しているドッグフードを与えている飼い主の多くは犬の健康を考えて、穀物を使用しているドッグフードを選んでいると思いますが、実は犬の健康維持していくために一番必要なのはアミノ酸なのです。このアミノ酸ですが、良質なたんぱく質に非常に多く含まれています。犬の健康を考えるのであれば、穀物不使用のタンパク質の質が良いドッグフードを与えてあげることが一番いいことです。

またシニア犬ですが、実は若い犬よりもタンパク質を必要としているのです。体力が落ちてきたからと言い穀物を使用しているドッグフードを与えると、栄養を鳩首することが難しくなるので、逆効果になってしまいます。ですので、シニア犬にこそ穀物不使用の本当の意味で栄養価が高いドッグフードを与えるべきだといえます。

TOPIC-カナガン|イギリス直輸入!グレインフリープレミアムドッグフード通販

ue reading »',